大型のフィッシュグリップ

車内に長く放り込んですままのフィッシング仕様命上着。当然そこに取り付けていらっしゃるものもまた放置状態で、ここしばらくは本格的なメインテナンスもしないままでした。

先日久々に釣りに行く機会があり、その命上着をセットした瞬間にちょっとした違和感を感じました。

命上着そのものは視点無かったのですが、そこに付いているとある雑貨に、錆びと塩気が混じった様な灰色のしみって粉末がこびり付いているのが見えたのです。

それは大きな魚の顎を読むのに扱う大型のフィッシュグリップ。

ひとまず錆び難いステンレスとカーボン席順から構成されている雑貨なのですが、可動部ですスプリング部やグリップの爪、そうして留め金のビス辺りから白い塩気や錆びが出て、カチッカチに密着していたのです。

手にとって見るとその動きも明らかにギクシャクしてあり、爪を解く度に鍵鍵って不愉快軋み調音も発生しています。

これではいかんって、釣行後は速やかに上着から撤去住居に直行。一旦入念に水洗いして塩気や錆びを落とした後はある程度陰干しする事に。

完全にモイスチャーが抜けたのを見計らって、完全に密着してしまった塩気や錆びしみをヘラや千枚通しで綺麗に省き、最後に錆びクライマックスといった潤滑用のオイルを各可動部に点し、対応は完成。

今度は爪の動きも安易で、軋み調音の発生もありません。どんなに釣り場で丁寧に扱っていても、定期的な対応は前もって必要なのでしょうね。
出会い系アプリを使うなら香川でココがいい

大型のフィッシュグリップ